糖尿病

糖尿病の原因と改善法

糖尿病について 

生活習慣病の一つに糖尿病と言う病気があります。これも、普段の生活によって引き起こされる生活習慣病の代表例でしょう。では、糖尿病は一体どんな原因によって引き起こされてそして、どんな疾患を引き起こしてしまうのでしょうか。

 

先ず、糖尿病は血糖値が異常に高くなってしまう病気です。体の血糖値を下げてしまう、インスリンが不足してしまう結果的に血糖値が高くなってしまうのです。ここから、糖尿病の直接的な原因は、インシュリンの不足にありそうです。

 

この糖尿病には、T型糖尿病とU型糖尿病と分けられます。T型糖尿病は自己免疫により膵臓を破壊されてインスリンが全く分泌されない状態になり、インスリンの投与が一生必要な状態を言います。又U型糖尿病は、遺伝的要素が大きく、両親のどちらかが糖尿病ならその体質を受け継ぐケースが多くなります。又肥満により糖尿病になる比率も増えてきます。

 

では、糖尿病はどんな疾患をもたらすのでしょうか。糖尿病にかかってしまうと、症状としては喉の渇きがひどくなり、頻繁的にトイレが近くなってしまいます。さらには、血液中のブドウ糖が増えると血液が酸性化して毛細血管を壊れて行く現象が起こって来ます。腎臓・網膜・末梢の毛細血管が壊れて、腎不全や失明・壊疽を引く起こします。

 

最終的に、非常に悪化してしまうと合併症を引き起こしてしまい、最悪な場合は手足の切断を考えなければいけないのです。
この様に、糖尿病とは悪化すると非常に厄介な病気なのです。また、血糖値が異常に上がってしまうと、普段の生活もかなりダメージを受けてしまう事は間違いないでしょう。しっかりとした、食習慣を心がけて掛らないようにしましょう。

 

 

糖尿病の原因は 

 

糖尿病の原因は直接的にはインシュリンが不足する事によって血糖値が上がってしまう事にあります。では、インシュリンが不足してしまう原因には何が挙げられるのでしょうか。もっと、私たちの身の回りの生活に例えた具体的な原因を知りたいところですよね。

 

糖尿病にも種類があり、その種類にともなって原因も変わってきます。例えば、膵臓などあインスリンをほとんど作成しなくなってしまったがために引き起こされる1型糖尿病などは、遺伝的要素が殆どで運動や食事療法以前の問題で、すぐにインシュリンを投与する必要があります。両親のどちらかが1型糖尿病であればれば、自分も掛るリスクがかなり高いと言えるでしょう。

 

また、インスリンの不足で陥る糖尿病に2型糖尿病がありますが、これは最も生活習慣に即した糖尿病で、内臓脂肪の増加や、運動不足などによって引き起こされる糖尿病の代表例です。遺伝的な糖尿病を排除すれば、最も私たちが生活習慣の悪化で掛りやすくなりそうな病気が2型糖尿病となりそうです。

 

現在、一番多い糖尿病はこの2型糖尿病だと言われています。その一番の原因は食生活と運動不足での肥満が挙げられます。現代人は、必要以上に食べ過ぎる傾向と圧倒的な運動不足です。糖尿病の予防には、腹八分目のバランスの良い食事と適度な運動を心がけて成るべく肥満にならない健康的な体作りが最も大事にな予防になってくるでしょう。

 

糖尿病の食事療法

 

糖尿病の原因には、インスリンの不足などが挙げられます。そのため、このインスリンをどうにかコントロールして糖尿病は対策をとっていかなければなりません。その一つの方法が食事療法です。食事療法では、血糖値の上昇などに深くかかわっている食事を変えることによって糖尿病の改善を促していきます。

 

では、どのような事をしていくのかと言うと、それは特別な食事をとっていくのではなく、バランスの良い食事を摂取して行くことで改善させていく方法になります。バランスの良い食事とは、主食、主菜、そして副菜がしっかりとそろった食事になります。主食はしっかりと穀類を摂取し、主菜は魚や肉などのタンパク質を持っている食材を、そして、副際は海藻や野菜などを摂取するようにしましょう。食事療法はこれだけでなく、バランス良く摂取し三食をしっかりととらなければいけません。

 

また、食事療法中はアルコールそして、甘いものなどの間食はなるべく控えなければいけません。そうでもしなければ、糖尿病が悪化してしまうからです。このように、バランスの良い食事、そして食事をとるタイミング、甘いものやアルコールなどを控えることが食事療法では必要になってきます。

 

 

 

 

 

 
 
ホーム RSS購読 サイトマップ